きれいに取る|皮膚科に行けばどんな肌トラブルも改善|あらゆる悩みを一網打尽

皮膚科に行けばどんな肌トラブルも改善|あらゆる悩みを一網打尽

先生

きれいに取る

頬を触る人

ひと昔前まで、ほくろ除去はメスを使った切除と縫合が一般的でしたが、医療技術の進歩によって現在では、炭酸ガスレーザーを用いた体に負担をかけない治療法が主流になっています。1センチぐらいのほくろ除去であれば、短時間で施術は終わります。ほくろ除去の施術に際しては、少量の麻酔をするためレーザーの痛みはほとんどなく、細胞を焼くにおいもほとんど気になりません。ほくろを取り除いた後は、医療用の特殊な絆創膏を1週間ほど貼り続け傷がふさがるのを待ちます。その後、回復した傷に軟膏を塗り続けていれば、半年後には傷跡はほとんど消えてしまいます。この治療法は保険が適応でき、3割負担で10000円ほどですので、現在人気の治療法になっています。

顔に大きなほくろがあることによってコンプレックスを抱えている方は少なからず世に存在します。そのような方たちはしばしば自分で何とかしようとしてほくろ除去クリームなどでほくろの除去を試みたりすることがありますが、納得のいく結果が得られることはあまりありません。しかしながら、最新の炭酸ガスレーザーを用いれば、わずか5分から10分ほどでほくろを完全に除去することができます。クリニックに入ってから、施術を終えて帰宅するのにわずか20分ほどです。コンプレックスを取り除くだけではなく、ほくろ除去にはもう一つ大きな利点があります。ごくまれにほくろはメラノーラ化することがありますので、ほくろ除去によって皮膚がんになる可能性を完全に排除できます。