痛くて歩けないときは|皮膚科に行けばどんな肌トラブルも改善|あらゆる悩みを一網打尽

皮膚科に行けばどんな肌トラブルも改善|あらゆる悩みを一網打尽

先生

痛くて歩けないときは

足

皮膚科に相談を

東京にお住まいの方に限らず、先の細いハイヒールやパンプスを履く女性にとって足のトラブルはつきものです。特に仕事柄、ハイヒールを履く機会が多い人にとっては悩みの種でもあるでしょう。足のトラブルの中でも意外と多いのが爪に関するものです。先の細い靴は、指や爪に大きな負担がかかってしまいますが、爪のトラブルで最も多いのが巻き爪です。東京でも巻き爪で病院を受診する女性が増えていますが、そもそも巻き爪とは爪の両端が皮膚の中に食い込んでしまうもので、軽度の場合には痛みはあまり感じないものの、巻き込みが強くなると痛みが生じ、さらに症状が進むと痛みがひどくなる上に皮膚が炎症を起こし化膿してしまう場合もあります。

予防する方法とは

軽度な巻き爪で痛みもない場合は特に病院へ行く必要はありませんが、症状がひどい場合には皮膚科で診てもらうとよいでしょう。東京にも巻き爪の治療を行ってくれる皮膚科があるので、悩んでいらっしゃる方にはおすすめします。放っておくと歩けないほど痛みが生じる場合もあるのでできるだけ早く治療することが大切です。また普段から巻き爪にならないような爪の切り方も大事で、爪の形をスクエア型にすることで巻き爪になるのを防ぐことができます。痛みがひどい場合には、しばらくの間ハイヒールやパンプスを履くのを控えましょう。もちろん東京以外の女性でも巻き爪で悩んでいらっしゃる方は、お近くの皮膚科に相談してみましょう。ネイルサロンでも相談にのってくれます。